前へ
次へ

子育てにおいて吸い食べの習慣の不安

お酒のおつまみとしてするめやビーフジャーキーなどがあります。
人によって食べ方は異なりますが、バリバリ食べるよりも少しずつ噛んで味を感じながら食べることが多いかもしれません。
子育てをしているとまるで子供がするめを食べるような食べ方をするのでびっくりすることがあります。
子育ての用語として吸い食べというらしく、食材をしっかり噛んで飲み込むのではなく味がある間口に含んで味がなくなると吐き出してしまいます。
親としては出した料理はしっかり食べてほしいですし、このまま吸い食べの習慣がついて本来の食べ方ができなくなるのではと不安になるときもあるでしょう。
吸い食べにはいくつかの原因があり、食事のタイミングに問題があったり食材の大きさに問題があるかもしれません。
食べたくないタイミングでの食事だと吸い食べをし易く、食材が大きすぎるときも吸い食べしやすくなるようです。
子供と遊んでお腹を空かせてから食べさせると良いかもしれません。

Page Top